アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「哀愁のピストレーロ」/ジンギスカン+「Ole Espana」/Michael Schanze
2010年03月30日(火) 00:32
「哀愁のピストレーロ」はジンギスカンの日本で1981年にリリースされた6枚目のシングル。本国ドイツでは最高15位のスマッシュ・ヒットを記録しました。
ジンギスカンの歌の旅も、モンゴル(ジンギスカン)⇒ロシア(めざせモスクワ)⇒中東(ハッチ大作戦)⇒日本(サムライ)⇒ペルー(インカ帝国)と来て、今回はメキシコへの旅となります。

当時の映画界は西部劇がヒットしていて、ヨーロッパでも本場アメリカ西部劇を真似た映画(イタリアなどで制作されたためにマカロニ・ウエスタンと呼ばれた)がたくさん作られていました。
それらのヒットを受けてのものと思われますが、西部劇風イントロで始まる、これも彼ららしいディスコ・サウンドです。
メンバーの衣装や振り付けもカッコよく、とても楽しめる楽曲です。







ところで、ジンギスカンは1979年に翌年のモスクワ・オリンピックの応援歌「めざせモスクワ」を大ヒットさせ、また1985年にはサッカー・ワールド・カップのメキシコ大会を踏まえ「めざせメキシコ」をリリースしています。
いっぽう、1982年にはジンギスカンのほとんどすべての楽曲を作曲した、ドイツの国民的作曲家ラルフ・ジーゼル氏は、サッカー・ワールド・カップ・スペイン大会の、ドイツ・チーム公式応援歌として「Ole Espana」という曲を書き下ろしています。



この曲は、Michael Schanzeというアーチストが歌い、当時ドイツで大ヒットを記録しました。
実はこの曲、サッカー・ドイツ・チームがコーラスで参加しているのですが、「哀愁のピストレーロ」と似たキャッチーなサウンドなのです。



ちなみに、フィギア・スケートのフリー演技ではフラメンコをモチーフとしたものもあります。この曲との合成した作品もアップされているのですが、よく出来ているなーと感心することしきりです。
世界選手権で金メダルを獲得した我らの真央ちゃんの若かりし日の姿も目にすることが出来ますよ!
BeNのオススメの動画、そして超かっこいい楽曲です。ラルフ・ジーゼル作品集のオムニバスCDに収録されています。(フル・バージョンでどうぞ)




「レディ・ランアウェイ」/2 プラス 1 ほか
2010年03月08日(月) 01:52
「夢のシンガポール」のディスコ・ヒットで知られる2プラス1は、ポーランドのアーチスト。本国ではグループ名を「DWA PLUS JEDEN」と言います。

80年代の初め頃、世界的なディスコ・ブームやアバやボニーMなどの男女混合のポップユニットの人気を意識してリリースした「夢のシンガポール」のヒットのため、日本人にとってはディスコ・アーチストとして位置づけられていますが、本国ポーランドでは、本来はアコースティック系アーチストで、そういったタイプの楽曲をリリースしたのは、ほんの数年しかないようです。

下記CD『EASY COME, EASY GO / WARSAW NIGHTS』は、1980年、81年にそれぞれリリースされたオリジナル・アルバム2枚+1981年と83年にリリースされたシングル2曲を一枚のCDに収めたものです。
この二枚のアルバムは、国内のみならず、ヨーロッパ全土を市場にとらえたもので、ドイツ系プロデューサーにプロデュースを依頼した英語盤。全22曲収録したCDなのですが、これがホント、オススメです。
日本ではアルバム『WARSAW NIGHTS』のみ、『ブルーライト・パサディナ』のタイトルで東芝EMIからリリースしています。
中でもオススメは、「夢のシンガポール (Singapore)」「星ふるワルシャワ (Warsaw Night)」「マン・オブ・ミステリー (Man of Mystery)」「レディ・ナンアウェイ (Lady Runaway)」「Hurry Home(1981年にリリースされた日本未発表シングル)」などです。
そのオススメ曲のほとんどがヴェロニカの「恋のダディ・オー (Daddy O)」などで知られるW.Stein、W.Jassコンビによるものです。




YouTubeなどで検索しても、ディスコ〜キャンディ・ポップ系の作品はアップされていませんでしたが、「レディ・ランアウェイ」を見つけましたので、紹介したいと思います。



男性パートは、ヘリウムガスを吸ったような声になっており、好き嫌いの分かれるところかもしれませんが、それ以外はサビのストリングスがミュンヘン・サウンドを彷彿とさせる佳曲です。
サビのステップは自分にも出来そうで、ついマネしたくなります(^^)。


あと、音源だけですが、日本ではリリースされなかったシングル「Hurry Home」はこちらです。
「ハリケーンがやってくるよ!急いで急いで、家に帰って!」といった緊迫感が伝わってきますね。

Found at: FilesTube



アルバム・タイトルにもなった「星ふるワルシャワ」はこちら。
後に、ヴェロニカが「New York City」というタイトルでカバーしています。
東欧らしい?男性コーラスや民族楽器も聴かれ、個人的にはヴェロニカよりもこちらのバージョンのほうがお気に入りです。

Found at: FilesTube



「New York City」(日本未発売シングル)/ヴェロニカ


『キャンディ・ポップ BOX』リリース!
2010年02月22日(月) 00:01
ブログでらみれすさんや、また直接メールでも業界の方に教えてもらったのですが、通販限定で『キャンディ・ポップBOX』という5枚組みのボックスが3月1日にリリースされます。




以前、単品でリリースされた『キャンディ・ポップス』のVOL.1〜VOL.2の時も感激しましたが、今回もレーベルを超えてのコンピュレーションで、いろいろな制約がある中、よくこれだけ集めたなというのが正直な感想です。
一般的なコンピュレーションやベスト盤にありがちな、「えーっ、あの曲がどうして入っていないの?!」ということが比較的少ない、満足度のとても高いボックスだと思います。

収録アーチストは、楽曲を多く収録している順に下記の通りです。
11曲:ノーランズ
10曲:ドゥーリーズ、アラベスク、ボニーM、エミリー・スター・エクスプロージョン
6曲:バカラ
5曲:バックス・フィズ
4曲:ジンギスカン、マルコ・ポーロ、ラ・ビオンダ
3曲:ニュートン・ファミリー
2曲:レイフ・ギャレット、シャンペーン、アンジー・ゴールド、サンタ・エスメラルダ、パッショナータ、D.D.サウンド
1曲:ホット・ブラッド



オーダーはこちらのソニーさんのサイトから、また、BeNのサイトに特設セクションを設けましたのでそちらをご覧ください。
「シークレット・ランド」/サンドラ
2010年01月28日(木) 00:16
「シークレット・ランド」は1988年に日本でもリリースされたサンドラのシングルで、本国ドイツでは最高7位の大ヒットを記録しました。

個人的には、この頃のサンドラが一番美しいように思います。ドイツで大成功を収めた頃なので、レコードやCDのジャケットにも一流のフォトグラファーを起用していたのでしょう。
「シークレット・ランド」のジャケットはホント一つの芸術のようです。




「シークレット・ランド」/サンドラ


HPには記載しておりますが、実はこの「シークレット・ランド」は、元々、「Fabrique(ファブリック)」というバンドの「Trenchcoat Man(トレンチコート・マン)」のカバーであることはあまり一般的には知られていません。
「トレンチコート・マン」は当時ヨーロッパでまったくヒットしなかったのですが、約一年後、マイケル・クレトゥが少しアレンジを手直ししただけで「シークレット・ランド」として大ヒットとなりました。
楽曲の良さもあるのだと思いますが、やはり当時はサンドラのアーチスト・パワーがすごかったのでしょう。

「トレンチコート・マン」/ファブリック


幻想的なサウンドはそのままです。ファブリックによる男性ボーカルのバージョンもけっこう好きですね。
TSUTAYA限定のベスト盤
2010年01月27日(水) 01:19
複数の方にメールなどで教えてもらったのですが、昨年末にTSUTAYA限定で低価格のアラベスクのべスト盤がリリースされました。
16曲で999円とかなりリーズナブル。ジャケットもいい感じです。
選曲は先にリリースされた『おとなベスト』を基調にしているようです。



詳細はこちらをご覧くださいませ。

なお、久しぶりにトップページのフォトとはめ込みのYouTube動画を変えてみました。
結構、放置プレイ気味のHPですが、気がつくと来年10周年なのですねぇ。しみじみ。

「ディスコ・フィーバー」と「I Think I Like It」
2010年01月26日(火) 23:40
2009年の暮れに英国のFake Bloodというアーチストが、「ディスコ・フィーーバー」のサンプリングしたものを「I think I like it」というタイトルでリリースしてヒットさせたそうです。
30年も前のこの曲を、しかもアラベスクがまったく知られていない英国で、どうやって発掘してきたのでしょう。

「ディスコ・フィーバー」と言えば、アラベスクの4枚目のシングルのカップリングなのですが、当時は正体不明のアーチストだったので、半年のブランクの後、リリースされたこの曲がとても嬉しかったことを記憶しています。
さらに、両面とも楽曲のクオリティが高く、BeN的にはどちらかと言うと、カップリングの「ディスコ・フィーバー」のほうがお気に入りでした。

「ディスコ・フィーバー」(「今夜もロック・ミー」のB面)



「I think I like it」/Fake Blood


「ディスコ・フィーバー(In The Heat Of A Disco-Night)」/アラベスク



『THE PLATINUM COLLECTION』のボーナス・トラックのダウンロードの仕方について。
2010年01月15日(金) 21:15
ようやくBeNもサンドラの『THE PLATINUM COLLECTION』を入手。連日聴きこんでおります。特にCD3の12インチ・バージョン集はもう圧巻ですね。
このボリュームで2400円前後で入手できるのが素晴らしい。サンドラ・ファンにとってはマスト・アイテムですし、また、アラベスク解散後のサンドラについてあまりよく知らない人にとってもオススメの一品です。
詳細はこちらからご覧ください。




ところで、『THE PLATINUM COLLECTION』購入された方からボーナス・トラックのダウンロードの仕方について問い合わせがありましたので、こちらで紹介したいと思います。
(ちなみに、当方のネット環境はIEバージョン6ですので、御使用のPCのブラウザなど、環境により異なるかもしれません)

先ず、3枚目の「THE BEST 12" VERSIONS」のCDをパソコンにセットします。しばらくすると、サンドラのボーナス・マテリアルのサイトが現れます。
そこから、「BONUS CONTENT」をクリック。何も変わらないような感じなのですが、右上の×印をクリック。
すると別サイトが表示されています。

そこにはドイツ語でメッセージが書かれていますが、判りにくいので、右上にある英国旗をクリックして英語表記にします。すると下記のメッセージが表示されます。

Welcome

to the bonus area of "Sandra - The Platinum Collection". There are 5 bonus
tracks here to download for free, and much more.

In order to access all of the extras offered please activate this CD. You
will also be notified by e-mail of any new information regarding Sandra, at
no extra costs.

If you are already registered, then proceed to the login and enter the
e-mail address you submitted when you registered.

Have fun!

Sandra and EMI Music

Activate now / Login


概ね、下記のような意味です。

サンドラの『プラチナ・コレクション』のボーナス・エリアへようこそ。ここでは、5曲のボーナス・トラックや他のマテリアルがダウンロードできます。メールアドレスの確認のみで、無料で新しい情報やさまざまなコンテンツを得ることが出来ます。既に登録済みの方は、メールアドレスの入力のみでログインでいます。

ここで、一番下にある「Activate now」をクリック。
下記の内容が書かれた別サイトが表示されますので、下記の情報を入力してください。

Please provide the following information to register this product.

First name:ファースト・ネームを入力

Last name:ラスト・ネームを入力

Sex:性別/m=男性、f=女性にチェックを入れる

Age:年齢/ドロップダウン・リストから年齢を選択

Zip:郵便番号/下記の国名で日本を選択しても、七桁表示とならないので最初の二桁の数字を入力

State:国名/ドロップダウン・リストから日本(japan)を選択

E-mail:メールアドレスを入力

その下には、下記の4つの選択肢があります。?は初期設定で既にチェックが入っています。そのままsend(送信)ボタンを押してもログインできませんので、必ず選択肢?にもチェックを入れます。必要に応じて、他の項目にもチェックを入れます。


?I hereby agree to the general information protection policy .
個人情報の保護について同意します(リンクをクリックすると個人情報保護に関するサイトへつながる)

?Yes, I would like to receive the free Sandra newsletter
サンドラ・ニュース・レターを希望します

?Yes, I would like to receive suggestions about similar music
サンドラと似通ったタイプのアーチストの情報を希望します

?Yes, I would like to participate via e-mail in the survey
メールを通して統計に協力します

そして、一番下に

send(送信) login(ログイン)の、sendをクリック。


ログインのページが現れたら、メールアドレスの入力して、send(送信)で完了。
ボーナス・トラック、最新の写真(数点)、バイオグラフィー(pdfファイル)のダウンロードが可能となります。

楽曲のダウンロードは曲名を右クリックして「対象をファイルに保存」を選択すればOKです。


さて、サンドラのシングルは順に紹介しようと以前考えていて、途中で断念していたのですが、本日は、1988年リリースのシングル「We'll be Together」をドーゾ。本国ドイツでは最高9位の大ヒットを記録しました。




「ジパング」/林あさ美
2010年01月12日(火) 00:57
昨年、BeNの大好きな作曲家の三木たかしさんが逝去されました。その後、作品集CDが相次いでリリースされましたが、それ以前から所有CDのコレクションから先生の作品を好んで聴いていたのですが、実は紹介したい楽曲がコレ。林あさ美の「ジパング」。

彼女については、スマッシュ・ヒットを記録したデビュー曲で、1996年にリリースの「つんつん津軽」(三木たかし作曲)が有名ですが、セカンド・シングルの「ジパング」(1997年)がスゴイ!モロ、ボニーMの「怪僧ラスプーチン」にインスパイアされたと思われるアレンジ、そしてメロディー・ライン。

さっそく、この「つんつん津軽」と「ジパング」の二曲が収録されているCDを購入。今でもBeNはヘビロテで聴いております。みなさんも、ぜひぜひ聴いてみてください。



デビュー当時は、演歌会のアイドルという意味で、演ドルと言われた彼女ですが、映像は当時のものではなく、最近になってからのものです。それでも美しさは変わりませんね(^^)。


「誘惑のマドリード」/バカラ
2009年11月30日(月) 00:21
「誘惑のマドリード」は1977年11月に毎年日本で行われていた世界歌謡祭参加曲。この時、バカラの二人はコンテスト参加のため初来日を果たしました。
この曲をA面としてリリースしたのは日本だけで、本国では翌年にシングル「ダーリング」のセカンド・プレスのB面としてリリースされました。(ファースト・プレスのB面は「ナンバー・ワン」)



イントロのエコーがかかったピアノが印象的な、非常にしっとりとしたこの曲は、BeN的に実はバカラの一番好きな曲でもあります。しかし、あまりにも路線変更の楽曲だったためか、日本ではまったくヒットしませんでした。
 
この「誘惑のマドリード」は長い間、CD化されませんでしたが、2007年にバカラの30周年を記念してリリースされたボックス・セットでようやく復刻しました。



ノリノリの大ヒット、「誘惑のブギー」「真夜中のレディー」よりも大好きな曲です。


「Green Talisman」(日本未発売)/サンタ・エスメラルダ
2009年11月29日(日) 00:14
「Green Talisman」は日本では未発売のサンタ・エスメラルダの7枚目のオリジナル・アルバムのタイトル・トラック。

サード・アルバム以降、フラメンコ・スタイルの脱却を図ろうとしていたサンタ・エスメラルダですが、起死回生を狙ってか、再びフラメンコ風ディスコにチャレンジ。スパニッシュ・ギター、ブラス・セクション、ハンド・クラップなどが、「悲しき願い」を彷彿とさせます。「悲しき願い」「朝日のあたる家」をかなり意識して作ったと思われる楽曲で、クオリティも非常に高いのですが、ヒットという点においてはまったく成功しなかったようです。

しかし、これはBeNの超お気に入り、通常のベスト盤にはほとんど収録していないのがとても残念。

7thアルバム『GREEN TALISMAN』(
1982)


*スタジオ音源


ロング・バージョンでたっぷりドーゾ。


<<BACK   | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET