アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「誘惑のブギー」/バカラ
2008年01月21日(月) 00:17
本日もCD『CANDY POPS!』から。

バカラは、スペイン出身のマイテ・マテオスとマリア・メンディオロの二人組。二人はカナリア諸島のホテルでナイト・ショウを連日披露しているところをスカウトされ、そのわずか4ヶ月後には、ドイツにおいて「誘惑のブギー」でデビュー!ラジオ局によっては、そのセクシーなイントロのために放送しないところもあったそうですが、ヒット・チャートを駆け上り、西ドイツで8週連続チャートの1位を獲得しただけでなく、オランダ、イギリス、ベルギー、スウェーデン、スイス、イスラエルなどでも1位を獲得しました。

こうして、バカラの「誘惑のブギー」は、世界中で1.600万枚以上を売り上げ、1977年に最もよく売れた女性デュオということで、ギネスブックにも載ったということです。




♪「誘惑のブギー」



また、昨年ヨーロッパにおいて3枚組みのボックス・セットがリリース!デビュー当時からのプロデューサーであるロルフ・ソーヤの手によるファーストからサード・アルバムまでの音源はすべて収録しています。また、初CD化の世界歌謡祭参加曲「誘惑のマドリード」を含む、レア曲も多く収録しています。

バカラと言うと、日本では「誘惑のブギー」の一発屋。もしくは「真夜中のレディー」との二発屋?くらいにしか思われていないかも知られてはいませんが、「恋のクチー・クー」「カラ・ミーア」「グラナダ」「ギミー・モア」…など良い曲はたくさんあるんですよ。

このボックス・セットは超オススメ。トラックリスティングなどはこちらを参照してください。



このバージョン…?
リンク先で聴けるバージョンが収録されたCDを探しています。
ご存じないでしょうか?
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET