アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「Fairytale」 / Alexander Rybak ?
2010年09月01日(水) 23:15
昨年(2009年)のユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝曲は、ノルウェー代表のアレクサンダー・リバック君の「Fairytale」。



バイオリニストの父と、ピアニストの母とのあいだに生まれ、恵まれた才能を持ち、デビュー曲となる、この「Fairytale」で、ノルウェーの国内予選で優勝。
ユーロビジョン本戦でも2位以下を圧倒的に引き離す得点で見事グランプリを獲得しました。

?決勝でのステージ


素晴らしいパフォーマンスにBeNも何度も何度も見入ってしまい、その度に涙が出ました。


「Fairytale」 / Alexander Rybak

僕が今より若かった頃
一人の少女に恋をして
互いに恋に落ちた

僕はフェアリーテールに恋をする
どんなに傷ついても
頭がおかしくなっても構わない
もう君に夢中なのさ

僕らは毎日のようにけんかしたけど
毎夜、愛し合った
君は僕をこんなに悲しませるけど
こんなにもときめきをくれるんだ

自分が何をしてるかわからなくなって
僕らは突然、離ればなれになってしまった
今はもう君の姿はないけれど
もう一度やり直したいんだ

彼女はフェアリーテールさ
どんなに傷ついても
頭がおかしくなっても構わない
もう君に夢中なのさ


対訳:BeN


こんなに素晴らしい楽曲なのにこの「Fairytale」は日本未発表。
ユーロビジョンは日本では、(アバが世界的成功を収めるきっかけとなったコンテスト程度で、)知名度が低いことも影響しているのだと思いますが、この楽曲はヨーロッパやロシアでは大ヒットしました。




ユーロビジョン2009年のオムニバスCD
(コンテスト参加の全42曲を収録!)

Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET