アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「哀愁のピストレーロ」/ジンギスカン+「Ole Espana」/Michael Schanze
2010年03月30日(火) 00:32
「哀愁のピストレーロ」はジンギスカンの日本で1981年にリリースされた6枚目のシングル。本国ドイツでは最高15位のスマッシュ・ヒットを記録しました。
ジンギスカンの歌の旅も、モンゴル(ジンギスカン)⇒ロシア(めざせモスクワ)⇒中東(ハッチ大作戦)⇒日本(サムライ)⇒ペルー(インカ帝国)と来て、今回はメキシコへの旅となります。

当時の映画界は西部劇がヒットしていて、ヨーロッパでも本場アメリカ西部劇を真似た映画(イタリアなどで制作されたためにマカロニ・ウエスタンと呼ばれた)がたくさん作られていました。
それらのヒットを受けてのものと思われますが、西部劇風イントロで始まる、これも彼ららしいディスコ・サウンドです。
メンバーの衣装や振り付けもカッコよく、とても楽しめる楽曲です。







ところで、ジンギスカンは1979年に翌年のモスクワ・オリンピックの応援歌「めざせモスクワ」を大ヒットさせ、また1985年にはサッカー・ワールド・カップのメキシコ大会を踏まえ「めざせメキシコ」をリリースしています。
いっぽう、1982年にはジンギスカンのほとんどすべての楽曲を作曲した、ドイツの国民的作曲家ラルフ・ジーゼル氏は、サッカー・ワールド・カップ・スペイン大会の、ドイツ・チーム公式応援歌として「Ole Espana」という曲を書き下ろしています。



この曲は、Michael Schanzeというアーチストが歌い、当時ドイツで大ヒットを記録しました。
実はこの曲、サッカー・ドイツ・チームがコーラスで参加しているのですが、「哀愁のピストレーロ」と似たキャッチーなサウンドなのです。



ちなみに、フィギア・スケートのフリー演技ではフラメンコをモチーフとしたものもあります。この曲との合成した作品もアップされているのですが、よく出来ているなーと感心することしきりです。
世界選手権で金メダルを獲得した我らの真央ちゃんの若かりし日の姿も目にすることが出来ますよ!
BeNのオススメの動画、そして超かっこいい楽曲です。ラルフ・ジーゼル作品集のオムニバスCDに収録されています。(フル・バージョンでどうぞ)




すごくいいです
BENさん、まいどです(^^)
スケートの・・・すごくいいです
なべさんも気に入りました!
CDほしいのですけど探したらアマゾンドイツで「Ralph Siegel-So Viele Lieder Sind in Mir」がヒットしましたがこのCDですか?ほしーなぁ〜
それです。
ども。

まさに、nabesanご指摘のCDです。
いつかジンギスカンの一セクションとしてラルフ・ジーゼルを紹介しようと思い、CDジャケットをスキャンまでしていたのですが、多忙のためほったらかしになっていました。

ラルフ・ジーゼル関連のオムニバスCDとしては、『ミスター・グランプリ』という2枚組みボックスも持っているのですが、これはユーロビジョン参加曲に限定したものなので、どちらかと言うと、『So Viele Lieder Sind in Mir』(2枚組み)のほうがオススメですね。

今回新たに別の収録曲「Pan」についての記事も書きましたので参考にしてください。
http://hadsch.dtiblog.com/blog-entry-246.html
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する



 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET