アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「This Is Our Night」/サキス・ルーヴァス
2010年09月08日(水) 00:39
2009年のユーロビジョン・ソング・コンテストでは、先のアレクサンダー・リバック君の圧勝でした。
個人的に、同コンテストで次にお気に入りだったのは、ギリシア代表のサキス・ルーヴァスによる「This Is Our Night」。ユーロビジョン本戦では、決勝出場25組中、7位という結果でした。
カッコよいダンス・ミュージックで何度聴いても飽きさせません。

サキス・ルーヴァスは本国ギリシアではかなり人気のアーチストで音楽以外でも幅広く活躍しているそうです。

ユーロビジョン本戦の様子。


1:00くらいから「そんなの関係ねぇ〜」風になります。
舞台装置には目を見張るような仕掛け(1:28から)が施されています。最初から全部見ることをオススメします。


プロモーション映像


近未来風な作品に仕上がっており、こちらもかっこいいです。


実は彼は、2004年にもエントリーしており、その際はラテン系ダンス・サウンドの「Shake It」という楽曲で堂々3位という成績を残しております。
2006年にユーロビジョンがギリシアで行われた際にはホストを務めておりました。



「Fairytale」 / Alexander Rybak ?
2010年09月03日(金) 23:52
まだ9月ですが、これはBeNの今年のNo.1ソングになることは間違いないでしょう。
昨年は、YouTubeでスーザン・ボイルの「夢やぶれて」を見て何度も涙しましたが、その比ではありません。(スーザン・ボイルはCDを買おうとも思わなかったし)
毎日毎日、一日に何度も何度も聴いています。

?モスクワのスケートリンクでのステージ


2014年、ロシアのソチで行われる冬季オリンピックを記念して行われたアイスショーのゲスト・パフォーマンス?
スケート・リンクにてロシア語で歌っています。
リンクでのパフォーマンスはあのアレクセイ・ヤグディン!


?2009年のノーベル賞授賞式でのゲスト・パフォーマンス


2009年にノルウェーで行われたノーベル賞のゲスト・パフォーマンスです。
楽曲も、オーケストラを従え、Frikarによるダンス・パフォーマンスもいつもより大人数、しかも大掛かりな仕掛けが施されています。

オリジナル・バージョンは3分ほどしかないのですが、これはオーケストラ・アレンジが素晴らしいロング・バージョン!
ぜひぜひCD化、そしてベスト・アルバムがリリースした際には収録して欲しいバージョンです。




彼のファースト・アルバム『FAIRYTALES』
「Fairytale」、セカンド・シングル「Funny Little World」、サード・シングル「Roll With The Wind」も収録しています。

「Fairytale」 / Alexander Rybak ?
2010年09月02日(木) 23:44
性懲りもなく、本日もAlexander Rybak君の「Fairytale」。

ユーロビジョンの楽曲にはいろいろな規定があるのですが、楽曲は3分以内とされています。
そのため、楽曲は「あっ」という間に終わってしまい、最後のバイオリンのリフレインなどはもっともっと聴きたい感じがします。

下記は、ユーロビジョンの予選でのもの。
ノルウェーのダンス・カンパニー「Frikar」のパフォーマンスも楽曲にマッチしており、爆転や宙に浮いた帽子を蹴飛ばすところとか、とてもかっこいいです。
またこの映像では仲睦まじく見つめあう恋人たちや、花火におどろく子どもなどの様子もフィーチャーされており、なかなか良い編集がされていると思います。



予選の様子なのですが、会場から割れんばかりの歓声と拍手。
既にグランプリを予感させています。




こちらはプロモーション映像



ここでも「Frikar」のパフォーマンスが見られますが、男性二人となっています。



ユーロビジョン2009年のオムニバスCD
(コンテスト参加の全42曲を収録!)

「Fairytale」 / Alexander Rybak ?
2010年09月01日(水) 23:15
昨年(2009年)のユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝曲は、ノルウェー代表のアレクサンダー・リバック君の「Fairytale」。



バイオリニストの父と、ピアニストの母とのあいだに生まれ、恵まれた才能を持ち、デビュー曲となる、この「Fairytale」で、ノルウェーの国内予選で優勝。
ユーロビジョン本戦でも2位以下を圧倒的に引き離す得点で見事グランプリを獲得しました。

?決勝でのステージ


素晴らしいパフォーマンスにBeNも何度も何度も見入ってしまい、その度に涙が出ました。


「Fairytale」 / Alexander Rybak

僕が今より若かった頃
一人の少女に恋をして
互いに恋に落ちた

僕はフェアリーテールに恋をする
どんなに傷ついても
頭がおかしくなっても構わない
もう君に夢中なのさ

僕らは毎日のようにけんかしたけど
毎夜、愛し合った
君は僕をこんなに悲しませるけど
こんなにもときめきをくれるんだ

自分が何をしてるかわからなくなって
僕らは突然、離ればなれになってしまった
今はもう君の姿はないけれど
もう一度やり直したいんだ

彼女はフェアリーテールさ
どんなに傷ついても
頭がおかしくなっても構わない
もう君に夢中なのさ


対訳:BeN


こんなに素晴らしい楽曲なのにこの「Fairytale」は日本未発表。
ユーロビジョンは日本では、(アバが世界的成功を収めるきっかけとなったコンテスト程度で、)知名度が低いことも影響しているのだと思いますが、この楽曲はヨーロッパやロシアでは大ヒットしました。




ユーロビジョン2009年のオムニバスCD
(コンテスト参加の全42曲を収録!)



 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET