アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「哀愁のピストレーロ」/ジンギスカン+「Ole Espana」/Michael Schanze
2010年03月30日(火) 00:32
「哀愁のピストレーロ」はジンギスカンの日本で1981年にリリースされた6枚目のシングル。本国ドイツでは最高15位のスマッシュ・ヒットを記録しました。
ジンギスカンの歌の旅も、モンゴル(ジンギスカン)⇒ロシア(めざせモスクワ)⇒中東(ハッチ大作戦)⇒日本(サムライ)⇒ペルー(インカ帝国)と来て、今回はメキシコへの旅となります。

当時の映画界は西部劇がヒットしていて、ヨーロッパでも本場アメリカ西部劇を真似た映画(イタリアなどで制作されたためにマカロニ・ウエスタンと呼ばれた)がたくさん作られていました。
それらのヒットを受けてのものと思われますが、西部劇風イントロで始まる、これも彼ららしいディスコ・サウンドです。
メンバーの衣装や振り付けもカッコよく、とても楽しめる楽曲です。







ところで、ジンギスカンは1979年に翌年のモスクワ・オリンピックの応援歌「めざせモスクワ」を大ヒットさせ、また1985年にはサッカー・ワールド・カップのメキシコ大会を踏まえ「めざせメキシコ」をリリースしています。
いっぽう、1982年にはジンギスカンのほとんどすべての楽曲を作曲した、ドイツの国民的作曲家ラルフ・ジーゼル氏は、サッカー・ワールド・カップ・スペイン大会の、ドイツ・チーム公式応援歌として「Ole Espana」という曲を書き下ろしています。



この曲は、Michael Schanzeというアーチストが歌い、当時ドイツで大ヒットを記録しました。
実はこの曲、サッカー・ドイツ・チームがコーラスで参加しているのですが、「哀愁のピストレーロ」と似たキャッチーなサウンドなのです。



ちなみに、フィギア・スケートのフリー演技ではフラメンコをモチーフとしたものもあります。この曲との合成した作品もアップされているのですが、よく出来ているなーと感心することしきりです。
世界選手権で金メダルを獲得した我らの真央ちゃんの若かりし日の姿も目にすることが出来ますよ!
BeNのオススメの動画、そして超かっこいい楽曲です。ラルフ・ジーゼル作品集のオムニバスCDに収録されています。(フル・バージョンでどうぞ)




「レディ・ランアウェイ」/2 プラス 1 ほか
2010年03月08日(月) 01:52
「夢のシンガポール」のディスコ・ヒットで知られる2プラス1は、ポーランドのアーチスト。本国ではグループ名を「DWA PLUS JEDEN」と言います。

80年代の初め頃、世界的なディスコ・ブームやアバやボニーMなどの男女混合のポップユニットの人気を意識してリリースした「夢のシンガポール」のヒットのため、日本人にとってはディスコ・アーチストとして位置づけられていますが、本国ポーランドでは、本来はアコースティック系アーチストで、そういったタイプの楽曲をリリースしたのは、ほんの数年しかないようです。

下記CD『EASY COME, EASY GO / WARSAW NIGHTS』は、1980年、81年にそれぞれリリースされたオリジナル・アルバム2枚+1981年と83年にリリースされたシングル2曲を一枚のCDに収めたものです。
この二枚のアルバムは、国内のみならず、ヨーロッパ全土を市場にとらえたもので、ドイツ系プロデューサーにプロデュースを依頼した英語盤。全22曲収録したCDなのですが、これがホント、オススメです。
日本ではアルバム『WARSAW NIGHTS』のみ、『ブルーライト・パサディナ』のタイトルで東芝EMIからリリースしています。
中でもオススメは、「夢のシンガポール (Singapore)」「星ふるワルシャワ (Warsaw Night)」「マン・オブ・ミステリー (Man of Mystery)」「レディ・ナンアウェイ (Lady Runaway)」「Hurry Home(1981年にリリースされた日本未発表シングル)」などです。
そのオススメ曲のほとんどがヴェロニカの「恋のダディ・オー (Daddy O)」などで知られるW.Stein、W.Jassコンビによるものです。




YouTubeなどで検索しても、ディスコ〜キャンディ・ポップ系の作品はアップされていませんでしたが、「レディ・ランアウェイ」を見つけましたので、紹介したいと思います。



男性パートは、ヘリウムガスを吸ったような声になっており、好き嫌いの分かれるところかもしれませんが、それ以外はサビのストリングスがミュンヘン・サウンドを彷彿とさせる佳曲です。
サビのステップは自分にも出来そうで、ついマネしたくなります(^^)。


あと、音源だけですが、日本ではリリースされなかったシングル「Hurry Home」はこちらです。
「ハリケーンがやってくるよ!急いで急いで、家に帰って!」といった緊迫感が伝わってきますね。

Found at: FilesTube



アルバム・タイトルにもなった「星ふるワルシャワ」はこちら。
後に、ヴェロニカが「New York City」というタイトルでカバーしています。
東欧らしい?男性コーラスや民族楽器も聴かれ、個人的にはヴェロニカよりもこちらのバージョンのほうがお気に入りです。

Found at: FilesTube



「New York City」(日本未発売シングル)/ヴェロニカ




 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET