アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
『シングル・コレクション』、もうじきリリース!
2010年08月10日(火) 00:17
アラベスクの待望の『シングル・コレクション』がもうじきリリースされますね。
ジャケットもいよいよ公開されました。



当初の予定では、シングルのジャケットがブックレットとして掲載される予定でしたが、最新のインフォメーションでは、(ジャケ違い、プロモ盤を含む、)シングルのジャケットを再現した特製ジャケット・カードが24枚封入されるということです。

詳細はこちらをご覧ください。


それでは、本邦初CD化曲となる「あの愛をもう一度」をドーゾ

アラベスクのAB面コンプリート・シングル・コレクションがリリース!
2010年07月10日(土) 23:19
 来る8月25日、遂にアラベスクのAB面完全収録(全40曲)のコンプリート・シングル・コレクションがリリースとなります!
 本邦初CD化となる「あの愛をもう一度」も収録されます。


 詳細はHP内のこちら、アマゾンへの直リンはこちらをご覧ください。


ミシェーラがテレビ番組を通じてサンドラにメッセージを送りました。
2010年05月13日(木) 01:06
「Arabesque & SANDRA in Hello Again」というロシアのテレビ番組を通して、ミシェーラがサンドラにビデオ・メッセージを送りました。下記はその時の模様です。トータル14分くらいあります。

これは5月初旬にロシアにて放送されたものですが、ロシア語で内容がまったく判りませんので、某ロシア人が英語に訳してくれたものをBeNがさらに日本語に訳してみました。下記の通り。


サンドラとミシェーラの二人は(アラベスクが解散した年にあたる)1984年以来、話しをしていません。
ロシアのテレビ番組のリポーターを通じて、ミシェーラはサンドラにメッセージを送りましたが、サンドラはそのメッセージを数回見た後、ミシェーラに対して不信感でいっぱいだったようです。

サンドラがアラベスクを脱退したいと言った時、ミシェーラはサンドラを思いとどまらせようと、「アラベスクを辞めるとあなたはただの人。きっとソロ活動は失敗するわ」と話したそうです。
このことは、サンドラの自信を打ち砕き、彼女の若さからもその後、ずっとミシェーラを受け入れることがなかなかできなかったようです。
サンドラは当時、プレス記事などにおいて「ミシェーラを絶対に許さない」などと発言していたそうです。

しかし、こうして現在の彼女らの姿を見ると、度々メイキャップルームでけんかをしたことのある、アバのフリーダとアグネタと比較して、(時が経ったことで)いくらかは良い関係を築けているようにも見えます。







BeNとしても、テレビ番組でのサンドラの表情を見ても、「わー、ミシェーラだわ。懐かしい!」といった様子はなく、どちらかと言うと冷ややかな目で見ているようなので、ロシア人のコメントは適切だと思います。
アラベスク解散後、ミシェーラの予想は見事に裏切られ、ヨーロッパの大スターとなったサンドラと、音楽活動にはことごとく失敗し、ヒーリングなどにより生計を立てていたミシェーラとはずいぶんと生き方に違いがあります。しかし、仲が悪くなければ、同じドイツ(後にサンドラはスペインに移住)で生活していたので、会おうと思えばいくらでも会う機会があったはずですし、わだかまりがあったのは間違いないと思います。

仲たがいをしてしまっていたというのは少し残念ですね。
『ファンシー・コンサート』のCDがリリース!
2010年04月20日(火) 23:56
なんと、アラベスクの日本でのライブの模様を収録したアルバム『ファンシー・コンサート』(1982年リリース)がヨーロッパにてCD化されます。
リリースは4月23日。発売元はこれまでアラベスクの楽曲のすべてをリリースしたり、未発表曲を発掘したモノポール・レコードです。



しかし、なぜこの時代にDVDでなくライブ盤CDなのかと思いますけど、DVDリリースには著作権などの影響により困難だったということなのでしょうか。それともDVD化するに値するほどの映像のクオリティがなかったのか。
とにかく、良い音質であることを望まんばかりです。

収録曲はアルバム・セクションに紹介している11曲すべてなのですが、今回ボーナス・トラックとして、オリジナル・メンバーのミシェーラを中心として再結成〜活動しているアラベスク・フィーチャリング・ミシェーラの新曲「スキヤキ・ソング」を収録しています。
*アラベスク・フィーチャリング・ミシェーラはこれまでにも、「哀愁のマリゴット」のリメイクをダウンロード・リリースしているようです。

この「スキヤキ・ソング」は故・坂本九による「上を向いて歩こう」で、当時全米No.1ヒットを記録した、海外では日本の楽曲としてスタンダードとして広くよく知られている楽曲でもあります。ここでは、アップテンポなダンス・サウンドとなっています。

既にダウンロード販売はされているようです。視聴もできますので興味のある方はぜひドーゾ。
モーラ ウィン

MUSICO


現在はドイツ・アマゾンなどヨーロッパでのショップでリリースを確認していますが、まだ日本でのショップのカタログには掲載しておりません。はっきりといつかは断言できませんが、少し遅れてリリースされるものと思います。

TSUTAYA限定のベスト盤
2010年01月27日(水) 01:19
複数の方にメールなどで教えてもらったのですが、昨年末にTSUTAYA限定で低価格のアラベスクのべスト盤がリリースされました。
16曲で999円とかなりリーズナブル。ジャケットもいい感じです。
選曲は先にリリースされた『おとなベスト』を基調にしているようです。



詳細はこちらをご覧くださいませ。

なお、久しぶりにトップページのフォトとはめ込みのYouTube動画を変えてみました。
結構、放置プレイ気味のHPですが、気がつくと来年10周年なのですねぇ。しみじみ。

「ディスコ・フィーバー」と「I Think I Like It」
2010年01月26日(火) 23:40
2009年の暮れに英国のFake Bloodというアーチストが、「ディスコ・フィーーバー」のサンプリングしたものを「I think I like it」というタイトルでリリースしてヒットさせたそうです。
30年も前のこの曲を、しかもアラベスクがまったく知られていない英国で、どうやって発掘してきたのでしょう。

「ディスコ・フィーバー」と言えば、アラベスクの4枚目のシングルのカップリングなのですが、当時は正体不明のアーチストだったので、半年のブランクの後、リリースされたこの曲がとても嬉しかったことを記憶しています。
さらに、両面とも楽曲のクオリティが高く、BeN的にはどちらかと言うと、カップリングの「ディスコ・フィーバー」のほうがお気に入りでした。

「ディスコ・フィーバー」(「今夜もロック・ミー」のB面)



「I think I like it」/Fake Blood


「ディスコ・フィーバー(In The Heat Of A Disco-Night)」/アラベスク



『おとなBEST』!
2009年08月13日(木) 23:57
ホームページもブログも、忙しくてここのところ更新を怠ったままでしたが、アラベスクやジンギスカンの新編集のベスト盤のリリースに併せて更新してみました。
詳細は下記セクションを参照してください。

『おとなBEST』/アラベスク

『おとなBEST』/ジンギスカン


アラベスクのベスト盤はなかなか良い選曲だと思います(^^)。
「ハイ・ハイ・ハイウェイ」(バージョン違い)/アラベスク
2009年03月11日(水) 20:56
「ハイ・ハイ・ハイウェイ」には実は別バージョンがあって、ドイツにて1981年にリリースされたアルバム『IN FOR A PENNY』(日本では5枚目の『ビリーズ・バーベキュー』にあたる)には、日本でリリースされたものと異なるバージョンが収録されています。

2004年にドイツでリリースされたベスト盤『THE BEST OF Vol.?』には、この日本向けバージョンと、ドイツ向けバージョンの両方が収録される予定だったのですが、残念ながら手違いにより、二つとも日本向けバージョンが収録されています。

ドイツ向けバージョンはアレンジのストリングスがシンセサイザーに変更されており、なんとなくビヨヨ〜ンとチープな感じも否めませんが、明らかなバージョン違いであり、貴重なものであるのには変わりありません。

♪ドイツ向けバージョン


↓下記の日本向けバージョンと聞き比べてみてください。

♪日本向けバージョン




「恋のペントハウス」/松田聖子&田原俊彦
2009年02月13日(金) 00:21
『レッツ・ゴー・ヤング!』より。
オリジナルはもちろんアラベスク。
松田聖子のハイトーン・ボイスが素晴らしく、もう、彼女のオリジナルみたいに聞こえます(^^)。
ヒット・メドレーって、他の楽曲も興味ありますね。



俊ちゃんの合いの手?は不要かな(汗)。ダンスだけにしといてくれれば良かったのに…。
「ミッドナイト・ダンサー」/アラベスク
2009年02月12日(木) 00:33
アラベスクはビクターからDVD『グレイテスト・ヒッツ』をリリースしているのですが、既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログでは同DVDからの映像はほとんど紹介しておりません。
著作権の問題もありますが、購入すれば簡単に見られるものなので、あえてドイツやロシアでのテレビ出演時映像などを中心に紹介しているのです。

そんな中でまた珍しいアラベスクのPVがアップされました!
これはこれまでに私もフルで見たことがなかったもので、世界的に見てもかなり貴重なものだと思います。






貴重なビデオ・コレクションから投稿してくれた方に、ホント感謝、感謝です。


 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET