アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「恋のスイート・リップス」/エミリー・スター・エクスプロージョン
2008年09月27日(土) 12:04
エミリー・スターについては、「恋のスイート・リップス」というバラード曲があるのですが、イントロから出だしのところまで、当時の全米No.1ヒット、レオ・セイヤーの「星影のバラード」にソックリ。(興味のある方はYouTubeで検索してみてね)
また、アルバム曲の「ミュージック・イン・ジ・エア」もドナ・サマーのヒット曲「愛の誘惑」に似ています。
楽曲を製作したキック・ダンディは、それらの曲を意識していたことは明らかです。

♪「恋のスイート・リップス」


エミリー・スター・エクスプロージョンの「エクスプロージョン」についてですが、本国では、当初エミリー・スターがソロとして活動していた当時は名前に「エクスプロージョン」はつかなかったのですが、ダンサーの女性二人+男性一人を加えた時点で、(ボニーMなどを参考にしていたようで、)グループ名らしい名前にしたのだと思われます。
途中、男性メンバーが脱退。後に女性二人も脱退した頃に、本国では元のエミリー・スターに戻ったようですが、日本ではエミリー・スター・エクスプロージョンの名が定着していたので、そのまま通したのではないかと思われます。

公式サイトのディスコグラフィーのセクション
のシングル盤の記載が参考になります。
なお、今回のベスト盤CDには収録しておりませんが、デビュー当時のソロ活動期のシングル「Tears of Gold」「Dance of Love」もキック・ダンディ作品ですので、聴いてみたいですね。

また、公式サイトの視聴セクションで、最初のソロ活動期のシングル「Cha Cha D'amour」が視聴できるのですが、これはたぶんサンタ・エスメラルダにインスパイヤされたと思われるスパニッシュ風。CD化が望まれます。


「カサノヴァ」/エミリー・スター・エクスプロージョン
2008年07月18日(金) 22:25
エミリー・スター・エクスプロージョンは1980年に東京で行われた世界歌謡祭にベルギー代表として参加し、大きな賞は逃したものの入賞を果たしています。
そして、翌1981年にはユーロビジョン・ソング・コンテストのベルギー代表として「愛しのサムソン」で参加。こちらは12アーチスト中、6位の成績を残しています。

そして同年、韓国で行われたソウル国際音楽祭に「カサノヴァ」で参加。詳細はわからないのですが、動画の投稿者が「best perfomance」と記載しているので、ベスト・パフォーマンス賞でも受賞したのでしょうか。

とにかく当時は精力的にベルギー代表として各国の音楽祭に参加していたようです。

そのソウルで行われた音楽祭の模様がこちら。先日リリースされたベスト盤にも収録の「カサノヴァ」です。
パワフルなディスコ・サウンドで今、BeNがエミリー・スターの曲の中で一番よく聴いている曲です。



投稿者によりリンクの埋め込みが禁止されていますので、こちらからご覧ください。
エミリー・スターのCD購入について。
2008年06月30日(月) 01:42



エミリー・スターのCD/DVD、購入についてお問い合わせがありましたので、少し判りやすくまとめてみました。
まだ内容に手を加える予定ですが、とりあえず紹介いたします。
エミリー・スターのCD購入について
エミリー・スター・エクスプロージョンのCD、キタァァァーーーー!!!
2008年06月19日(木) 00:17
本日、遂にエミリー・スター・エクスプロージョンのCD+DVDが届きました!
これ、正にキャンディ・ポップ・ファン、ディスコ・ファンのマスト・アイテムだと思います。
このCDには、日本や本国ベルギーでリリースしたシングルのうち、主なヒット曲「悲しきバラライカ」「ベイビー・ラブ・ミー」「サンチャゴ・ラヴァー」「レット・ミー・シング」「カサノヴァ」など、全18曲を収録しています。

日本では既にソニーのコンピュレーションCD『CANDY POPS!』シリーズにおいて、「悲しきバラライカ」「サンチャゴ・ラヴァー」「レット・ミー・シング」の3曲がCD化していますが、「サンチャゴ・ラヴァー」はベスト盤のほうは5分を超えるロング・バージョンを、また、「レット・ミー・シング」も微妙なバージョン違いを収録しています。

このベスト盤CDには、主なヒット曲は収録していますが、BeN個人としては、「ヘイ・アロハ!」は無視しても良しとしても(^^;)、シングル化された「メリー・ブラウン」「ロックン・ロール・ウーマン」「ゲット・アップ」「ダイナマイト」や、「ミスター・マジック」あたりも収録してほしかったなぁと思います。

CD化は見送られましたが、上記の曲のいくつかはDVDにテレビ出演時映像として収録されております。




で、本日は、CD化は見送られましたが、世界歌謡祭出演時の映像として映像を収録している「メリー・ブラウン」をドーゾ!
ロックっぽい骨太のサウンドです。



司会は坂本九とジュディ・オング。
エミリー・スターのロボット・ダンスも見られますよ!





【CDの購入にあたって】

Read more>>

「ベイビー・ラヴ・ミー」/エミリー・スター・エクスプロージョン
2008年05月29日(木) 23:55
昨日に引き続いてエミリー・スター・エクスプロージョン(以下、ESE)ものを。

「ベイビー・ラヴ・ミー」は1980年にリリースされたESEにとって日本での3枚目のシングル。チャート・インすら果たせなかったものの、クオリティはヒットした「サンチャゴ・ラヴァー」や「ノー・ノー・シェリフ」にも勝るとも劣らずです。






コンセプトがいま一つ理解できませんが、それなりに当時PVが制作されていたようですね。


ESEはボニーMをお手本としていたようですが、楽曲単位で比べても「サンチャゴ・ラヴァー」「ベイビー・ラヴ・ミー」「悲しきバラライカ」などボニーM以上と思えるものもたくさん存在します。

当時、榊原郁恵がアルバムの中でESEの「悲しきバラライカ」「ロックン・ロール・ウーマン」を日本語でカバーしているのですが、個人的にはそちらもオススメ。「ロックン・ロール・ウーマン」のほうは彼女のボックス・セットにおいてCD化しています。
実は、BeNはESEのオリジナル・バージョンよりも先に、郁恵ちゃんのカバー・バージョンを聴いていたせいか、日本語歌詞もまったく違和感が感じられません。

「ノー・ノー・シェリフ」/エミリー・スター・エクスプロージョン
2008年05月28日(水) 06:41
「ノー・ノー・シェリフ」はエミリー・スター・エクスプロージョンのセカンド・シングル。1979年にリリースされ、最高72位/1.6万枚のスマッシュ・ヒットを記録しました。
エミリー・スター・エクスプロージョンはベルギー本国以外ではあまり成功しなかったのですが、日本ではディスコを中心にかなりヒットしたようです。



彼女らの楽曲は非常にクオリティが高く、またアルバム曲もよく出来ていてボニーMに匹敵するくらいだと思います。ベルギー以外でそれほど人気が出なかったのが不思議なくらいです。



当時ベルギー本国ではこんなPVがちゃんと作られていたんですね。

そして、ファンの間で長い間CD化が望まれていましたが、最近ようやくベスト盤がリリースとなりました!!!
しかし、エミリー・スター本人の所属事務所によるネット上での販売のみで、クレジット・カードなどは使用できず、ベルギーの銀行口座への送金が必要なようです。BeNも現在入手を試みている段階ですが、入手次第、紹介したいと思います。

エミリー・スターを紹介したサイト
も新しく立ち上げられました。非常に丁寧に作られたサイトです。楽曲やPVの視聴もできますよ!

BeNのHP内のシングル・コレクションのセクションも参照してください。



 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET