アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「スピリット・ボディ・アンド・ソウル」/ノーランズ
2009年03月10日(火) 20:59
「スピリット・ボディ・アンド・ソウル」は日本ではシングル・カットされませんでしたが、ノーランズが「ダンシング・シスター」でブレイクする前にイギリスでリリースした楽曲で、ノーランズにとって初のヒット・シングルとなりました。
美しいバラードで、これ、BeNの超お気に入りでもあります。




2005年、日本でオリジナル・アルバム3枚+DVDを収録したボックス・セット『オール・アバウト・ザ・ノーランズ』がリリースされましたが既に廃盤になっているようです。BeNはリリースしてすぐ購入しましたが、彼女らのオリジナル・アルバムはどれもクオリティが高いのでとても残念なことです。
そんな中、イギリスにおいて、ファースト+セカンド+ボーナス・トラックを収録した2イン1CDが4月にリリースされます。まだ日本のショップのカタログには掲載されておりませんが、いずれ購入も可能になると思われます。
できれば、サード・アルバムもボーナス・トラックを収録し、コンプリートなコレクションになればファンも喜ぶと思うんですけどね。



日本盤とはジャケットは異なりますが、もちろん「スピリット・ボディ・アンド・ソウル」も収録しています。
「アテンション・トゥ・ミー」/ノーランズ
2008年11月24日(月) 16:20
以前、「ドント・メイク・ウェイウス」の記事の時にも記載しましたが、ノーランズは本国英国と日本では結構リリースする楽曲が異なっていました。
この「アテンション・トゥ・ミー」も日本ではシングル・カットされませんでしたが、本国イギリスにおいてはシングルとしてリリースしてヒットしています。

日本ではセカンド・アルバム『恋のハッピー・デート』に収録しておりました。


BeNのマイ・ベスト3は、「スピリット・ボディ・アンド・ソウル」(英国最高34位)、「ドント・メイク・ウェイブス(英国最高12位)」、「アテンション・トゥ・ミー」(英国最高9位)。
いずれにしてもすべて日本ではシングルとしてはリリースしていませんが、本国ではシングル・カットされているものばかりです。

イギリスでのテレビ出演時映像(途中で切れます)


プロモーション・ビデオ


日本でシングル・カットしても大ヒットしていたと思われるクオリティです。
お楽しみくださいませ(^^)。
「ドント・メイク・ウエィブス」/ノーランズ
2008年07月23日(水) 00:18
「ドント・メイク・ウエィブス」は日本ではシングル・カットされませんでしたが、本国イギリスにおいてはシングルとしてリリースしてヒットしています。

当時日本において爆発的な人気を誇ったノーランズですが、結構本国とはリリースする曲が違っていました。BeNのマイ・ベスト3は、「スピリット・ボディ・アンド・ソウル」(英国最高34位)、「ドント・メイク・ウェイブス(英国最高12位)」、「アテンション・トゥ・ミー」(英国最高9位)。
いずれにしてもすべて日本ではシングルとしてはリリースしていませんが、本国ではシングル・カットされているものばかりです。

こちらから
ドーゾ。
「セクシー・ミュージック」/ノーランズ
2008年05月05日(月) 00:03
ノーランズについては言及するまでもないと思いますが、言わずと知れた「ダンシング・シスター」などの大ヒットを持つアイルランド出身の美人姉妹グループです。
「セクシー・ミュージック」は、日本では1981年3月にリリース。東京音楽祭でグランプリも獲得した効果もあり、オリコン最高7位/27.0万枚の大ヒットを記録しました。






そして、日本では9年後、

Read more>>

「恋のハッピー・デート」/ノーランズ
2008年01月26日(土) 00:05
本日もCD『CANDY POPS!』から。とりあえず、『CANDY POPS!』のVol.1に収録されているもので、YouTubeにアーチストのオン・タイム映像のあるものはすべて紹介しましたので、このCDからの映像紹介はいったん終了です。

トリは「恋のハッピー・デート」。曲調やタイトルからは明るい曲を想像しますが、実はこれ、失恋の歌なんです。歌詞を見ないと誰も、そんな悲しい曲だとは思わなかったでしょう。
この曲を日本語でカバーした石野真子ちゃんも微笑みいっぱいで歌っていたし。ただしこの時の歌詞はホンワカした恋愛の歌でしたけど。




♪「恋のハッピー・デート」



しかし、この『CANDY POPS!』というCD。よくこれだけ集めたなと思うことしきりです。
他にこのようなコンセプトのCDは存在しないので、非常に貴重です。
ヨーロッパで生まれて、日本で独自の進化をとげ、文化の一部となったキャンディ・ポップ。このブームをオンタイムで過ごすことが出来、本当に良かったぁ!
また、現在においては、このような貴重な映像を手軽に見ることが出来、これもまた幸せなことだと思いますね。
これらの貴重な映像をアップロードしてくださった音楽ファンの方に心から感謝いたします。
「ダンシング・シスター」/ノーランズ
2008年01月22日(火) 00:36
本日もCD『CANDY POPS!』から。

今さら語るべきこともないように思いますが、「ダンシング・シスター」は1980年に最も売れたポップス。現在では考えられませんが、なんとタイアップもなしに60万枚以上も売り上げたメガ・ヒットです。
シングル盤のセクションも参照してください)




ちょうどこの頃と言うと、山口百恵が引退、ピンク・レディーやキャンディーズが解散。ポッカリと空いた青少年の心をわしづかみにしたのかはわかりませんが、みんながノーランズやアラベスクと言ったキャンディ・ポップに心奪われたものでした。
そんなグッド・タイミングにリリースされた「ダンシング・シスター」。見る見るチャートを駆け上がり、邦楽〜洋楽あわせたオリコン総合チャート1位をめでたく獲得したのでした。
楽曲の良さからか、これまで日本では数々のアーチストによりカバーされ、その世代の方でなくても一度は耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。





 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET