アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「I Want You」/サンドラ
2010年05月17日(月) 00:54
マスさん、Caballeroさん、ミシェーラによるサンドラへのメッセージについてのコメントなどどうもありがとうございました。
コメントしようかとも思ったのですが、新たなトピックとしました。

先ず、wikiの英語版にあるように、サンドラはOlaf Mengesという男性と今年結婚したようですね。
このOlaf Mengesについて詳しいことは判っていませんが、昨年リリースしたアルバム『BACK TO LIFE』の収録曲「I Want You」でデュエットしています。
デュエットして仲良くなかったのか、ボーイフレンドだからデュエットしたのかはどっちなのでしょう。この男性はwikiにもセクションが設けられていないことからすると、あまり著名な方ではないようですね。

ロシアのテレビ番組にも結婚(披露宴?)の様子も収録していますが、同アルバム収録で、シングル・リリースもされた「The Night Is Still Young」でデュエットした、トーマス・アンダーズ(元モダン・トーキング)も駆けつけ祝福してくれています。


アラベスクの再結成についてはどうでしょう。ありえないとは思えますが、「あの人は今」風の番組で、一度だけの再結成とかなら「あり」かなぁとも思えますが。
当時のイメージというものがありますので、あまり劣化した彼女たちを見たくないというか・・・。
ジャスミンは10年くらい前に、実業家と結婚してエジプト在住と聞きました。財界のパーティに参加したような様子の写真をネットで見た覚えがあります。その後どうしているのでしょう。

ドイツのテレビ番組でより、むしろロシアのテレビ番組でのほうが(アラベスクもサンドラも両者とも人気があったので、)やりそうな企画です。

「I Want You」


珠玉のバラードです。
「シークレット・ランド」/サンドラ
2010年01月28日(木) 00:16
「シークレット・ランド」は1988年に日本でもリリースされたサンドラのシングルで、本国ドイツでは最高7位の大ヒットを記録しました。

個人的には、この頃のサンドラが一番美しいように思います。ドイツで大成功を収めた頃なので、レコードやCDのジャケットにも一流のフォトグラファーを起用していたのでしょう。
「シークレット・ランド」のジャケットはホント一つの芸術のようです。




「シークレット・ランド」/サンドラ


HPには記載しておりますが、実はこの「シークレット・ランド」は、元々、「Fabrique(ファブリック)」というバンドの「Trenchcoat Man(トレンチコート・マン)」のカバーであることはあまり一般的には知られていません。
「トレンチコート・マン」は当時ヨーロッパでまったくヒットしなかったのですが、約一年後、マイケル・クレトゥが少しアレンジを手直ししただけで「シークレット・ランド」として大ヒットとなりました。
楽曲の良さもあるのだと思いますが、やはり当時はサンドラのアーチスト・パワーがすごかったのでしょう。

「トレンチコート・マン」/ファブリック


幻想的なサウンドはそのままです。ファブリックによる男性ボーカルのバージョンもけっこう好きですね。
『THE PLATINUM COLLECTION』のボーナス・トラックのダウンロードの仕方について。
2010年01月15日(金) 21:15
ようやくBeNもサンドラの『THE PLATINUM COLLECTION』を入手。連日聴きこんでおります。特にCD3の12インチ・バージョン集はもう圧巻ですね。
このボリュームで2400円前後で入手できるのが素晴らしい。サンドラ・ファンにとってはマスト・アイテムですし、また、アラベスク解散後のサンドラについてあまりよく知らない人にとってもオススメの一品です。
詳細はこちらからご覧ください。




ところで、『THE PLATINUM COLLECTION』購入された方からボーナス・トラックのダウンロードの仕方について問い合わせがありましたので、こちらで紹介したいと思います。
(ちなみに、当方のネット環境はIEバージョン6ですので、御使用のPCのブラウザなど、環境により異なるかもしれません)

先ず、3枚目の「THE BEST 12" VERSIONS」のCDをパソコンにセットします。しばらくすると、サンドラのボーナス・マテリアルのサイトが現れます。
そこから、「BONUS CONTENT」をクリック。何も変わらないような感じなのですが、右上の×印をクリック。
すると別サイトが表示されています。

そこにはドイツ語でメッセージが書かれていますが、判りにくいので、右上にある英国旗をクリックして英語表記にします。すると下記のメッセージが表示されます。

Welcome

to the bonus area of "Sandra - The Platinum Collection". There are 5 bonus
tracks here to download for free, and much more.

In order to access all of the extras offered please activate this CD. You
will also be notified by e-mail of any new information regarding Sandra, at
no extra costs.

If you are already registered, then proceed to the login and enter the
e-mail address you submitted when you registered.

Have fun!

Sandra and EMI Music

Activate now / Login


概ね、下記のような意味です。

サンドラの『プラチナ・コレクション』のボーナス・エリアへようこそ。ここでは、5曲のボーナス・トラックや他のマテリアルがダウンロードできます。メールアドレスの確認のみで、無料で新しい情報やさまざまなコンテンツを得ることが出来ます。既に登録済みの方は、メールアドレスの入力のみでログインでいます。

ここで、一番下にある「Activate now」をクリック。
下記の内容が書かれた別サイトが表示されますので、下記の情報を入力してください。

Please provide the following information to register this product.

First name:ファースト・ネームを入力

Last name:ラスト・ネームを入力

Sex:性別/m=男性、f=女性にチェックを入れる

Age:年齢/ドロップダウン・リストから年齢を選択

Zip:郵便番号/下記の国名で日本を選択しても、七桁表示とならないので最初の二桁の数字を入力

State:国名/ドロップダウン・リストから日本(japan)を選択

E-mail:メールアドレスを入力

その下には、下記の4つの選択肢があります。?は初期設定で既にチェックが入っています。そのままsend(送信)ボタンを押してもログインできませんので、必ず選択肢?にもチェックを入れます。必要に応じて、他の項目にもチェックを入れます。


?I hereby agree to the general information protection policy .
個人情報の保護について同意します(リンクをクリックすると個人情報保護に関するサイトへつながる)

?Yes, I would like to receive the free Sandra newsletter
サンドラ・ニュース・レターを希望します

?Yes, I would like to receive suggestions about similar music
サンドラと似通ったタイプのアーチストの情報を希望します

?Yes, I would like to participate via e-mail in the survey
メールを通して統計に協力します

そして、一番下に

send(送信) login(ログイン)の、sendをクリック。


ログインのページが現れたら、メールアドレスの入力して、send(送信)で完了。
ボーナス・トラック、最新の写真(数点)、バイオグラフィー(pdfファイル)のダウンロードが可能となります。

楽曲のダウンロードは曲名を右クリックして「対象をファイルに保存」を選択すればOKです。


さて、サンドラのシングルは順に紹介しようと以前考えていて、途中で断念していたのですが、本日は、1988年リリースのシングル「We'll be Together」をドーゾ。本国ドイツでは最高9位の大ヒットを記録しました。




「カジノ・ロワイヤル」
2009年11月25日(水) 23:28
サンドラの2007年のアルバム『THE ART OF LOVE』収録曲。
元々はポーランドの女性シンガー、Edyta Gorniakによる「Sleep With Me」という楽曲のカバー。「カジノ・ロワイヤル」というタイトルがつけられ、サンドラのアルバムに収められています。
以前、2006年の007映画『カジノ・ロワイヤル』に使用された楽曲のカバーかと思っていたのですが、どうやら映画とは無関係のようです。

YouTubeでは、まったく無関係の音楽と映像をコラージュした作品が多く見受けられますが、この「カジノ・ロワイヤル」にも映画とコラージュした作品が存在します。
見事なコラージュで、映画に使用されたものと勘違いさせられるほど、ほとんど芸術の域に近い、本当に素晴らしい作品です。
映画関係者からの削除依頼により、なくなってしまう可能性が強いですのでぜひぜひ一度ご覧くださいませ。

『THE ART OF LOVE』





『THE ART OF LOVE』の中で最も好きな楽曲ですが、残念ながら、シングル・カットもしていないため、三枚組みボックス・セット『プラチナ・ボックス』には収録されておりません。

サンドラのアルバムのセクション
にも、『REFLECTIONS』『THE ART OF LOVE』『BACK TO LIFE』『THE PLATINUM COLLECTION』などの収録曲やレビューを追記しましたので、併せてご覧ください。
サンドラ初のボックス・セットがリリース!
2009年11月18日(水) 02:23
サンドラ初のボックス・セット『プラチナ・コレクション』が本国ドイツにおいて11月6日にリリースされました!
これまでベスト盤やリミックス盤はリリースしていましたが、ボックス・セットは初めてのリリースとなります。




ディスク1には、デビュー・ヒット「マリア・マグダレーナ」から「ジョニー・ウォナ・リヴ」までのシングル全20曲。
ディスク2には、「ドント・ビー・アグレッシブ」から、元モダン・トーキングのトーマス・アンダースとのデュエットであり最新ヒット・シングルの「The Night Is Still Young(日本未発表)」までの18曲と、最新アルバム『BACK TO LIFE』(日本未発売)からの2曲の全20曲。
そして、ディスク3は、初期の大ヒット曲「マリア・マグダレーナ」「ヒート・オブ・ザ・ナイト」「イノセント・ラブ」など、初CD化となる12インチ・シングルを時間めいっぱい収録しているスグレモノです。
特に、サンドラの12インチ・シングルはどれも通常のシングル・バージョンとは異なるアレンジが施されており一聴の価値ありです。

【収録曲】
Disc 1
1.. "(I'll Never Be) Maria Magdalena (Single version) - 3:56
2.. "In the Heat of the Night (Single version) - 4:00
3.. "Little Girl - 3:10
4.. "Sisters and Brothers" - 3:21
5.. "Innocent Love" (Single version) - 3:49
6.. "Hi! Hi! Hi!" (Single version) - 3:31
7.. "Loreen" - 4:12
8.. "Midnight Man - 3:03
9.. "Everlasting Love - 3:42
10.. "Stop for a Minute" (Single Version) - 3:48
11.. "Heaven Can Wait" (Single Version) - 4:05
12.. "Secret Land" (Single Version) - 4:02
13.. "Celebrate Your Life" ? 3:25
14.. "We’ll Be Together" (Single Remix) - 3:47
15.. "Around My Heart" (Single Version) - 3:09
16.. "Hiroshima" (Single Version) - 4:11
17.. "(Life May Be) A Big Insanity - 4:29
18.. "One More Night (Single Version) - 3:41
19.. "Lovelight In Your Eyes" - 5:26
20.. "Johnny Wanna Live" (Single Remix) - 3:47

Disc 2
1.. "Don't Be Aggressive (Radio Edit) - 4:32
2.. "I Need Love" - 3:19
3.. "Steady Me - 3:55
4.. "Mirrored In Your Eyes" - 3:24
5.. "Maria Magdalena '93" - 4:02
6.. "Nights in White Satin" (Radio Edit) - 3:35
7.. "Won't Run Away" - 4:16
8.. "Secret Land '99" (Ultra Violet Radio Edit) - 3:42
9.. "Forever" - 3:45
10.. "Such a Shame" - 4:17
11.. "Forgive Me" (Radio Edit) - 3:58
12.. "I Close My Eyes" - 4:02
13.. "Secrets of Love" (with DJ BoBo) - 3:19
14.. "The Way I Am" - 3:30
15.. "What Is It About Me" (Radio Edit) - 3:11
16.. "All You Zombies" - 4:59
17.. "In a Heartbeat" (Album version) - 3:37
18.. "The Night Is Still Young" (with Thomas Anders) - 3:25
19.. "What If" - 2:50
20.. "Tete A Tete" - 3:44

Disc 3
1.. "(I'll Never Be) Maria Magdalena" (Extended Version) - 7:07
2.. "In The Heat Of The Night" (Extended Version) - 7:21
3.. "Little Girl" (Extended Version) - 5:17
4.. "Innocent Love" (Extended Version) - 6:43
5.. "Hi! Hi! Hi!" (Extended Version) - 6:09
6.. "Midnight Man" (Extended Version) - 5:26
7.. "Everlasting Love" (Extended Version) - 7:16
8.. "Stop For A Minute" (Extended Version) - 6:17
9.. "Heaven Can Wait" (Extended Version) - 7:37
10.. "Secret Land" (Reverse Mix) - 6:30
11.. "Everlasting Love" (PWL 12" Remix) - 7:41




もう完璧とも言えるくらいの涙々のアイテムなのですが、欲を言えば、「ウィル・ビー・トゥゲザー」など、12インチ集はもう一枚加えて4枚組みにして欲しかったこと、幻の試験的ソロ・デビュー・シングルの「ヤーパン・イスト・ヴァイト」も加えて欲しかったですね。
しかし、三枚組みでこのお値段。1曲あたりのコスト・パフォーマンスも非常に高く、これはもう「買い」ですね。


《追記》
あとから判ったことですが、3枚目のCDをインターネットにつながった状態でパソコンにセットするとサンドラのサイトへとつながり、ボーナス・トラック5曲がダウンロードできるとのこと!
3枚目のCD(12インチ集)では、1988年にリリースされた「シークレット・ランド」「エバーラスティング・ラブ(PWL REMIX)」までしか収録されておりませんでしたが、その後リリースされた12インチやマキシ・シングルから下記の楽曲がダウンロードできるそうです。

?Don't be Aggressive (The Midnight Hour Mix)
?Hiroshima (Extended Version)
?Nights in White Satin (Club Mix)
?Secret Land '99 (Ultra Violet Club Mix)
?We'll Be Together (Extended Version)


それでは、ここで最新シングル、元モダン・トーキングとのデュエットの「The Night Is Still Young」でもお届けしましょう。



おまけ
「シェリ・シェリ・レディ」(1985年ドイツでのNo.1ヒット)/モダン・トーキング


モダン・トーキングはBeNの大好きなアーチストで、オリジナル・アルバムは再結成時を含め12枚、ほかにもベスト盤、12インチ集、DVDに至るまで所有しています!
「In A Heartbeat」/サンドラ
2009年02月11日(水) 22:51
3月にヨーロッパでリリースされる、サンドラの新譜「In A Heartbeat」の音源が一部アップされましたので紹介します。
アゲアゲ系ではなく、どうやら癒し系サウンドのようです。画像のエジプトについては特に関係性はなく、アップした方がエジプトの方だからのようです。

↓マキシ・シングルのジャケットも金髪に染めて、一見別人のように見えます。


サンドラの新譜!
2009年02月06日(金) 23:50
jtsmileさん、こんにちは。情報、ありがとうございます。

せっかく教えてもらったサンドラの新譜情報なので、新しいトピックとさせていただきました。
情報源はサンドラ・ネットからですが、ヨーロッパにおいて3月6日に「In A Heartbeat」というマキシ・シングルが、そして27日には『BACK TO LIFE』というアルバムがリリースされるようです。

ところで、サンドラといえば、マイケル・クレトゥ氏とは既に離婚していたとのこと。『BACK TO LIFE』も、「以前の暮らしに戻る」みたいな、なんだか意味ありげなアルバム・タイトルですね。

楽曲のクレジットにも、元夫マイケル氏の名前が見られないのはなんだかさびしい気がしないでもありませんが、今回はどんなサウンドを聞かせてくれるのか楽しみです。シングルだけでも早く聞いてみたいものです。

ほとんどの楽曲は以前からプロデュースでお馴染みのJens Gad氏によるものですが、1曲だけD.J.BOBOとのデュエットの際の楽曲提供者のAxel Breitungによるもものもあります。

このAxel氏は、知る人ぞ知る、80年代中期にドイツを中心に活躍したユーロディスコ・ユニットのサイレント・サークルの中心人物でもあります。
サイレント・サークルは日本には紹介されませんでしたが、当時「Touch In The Night」「Stop The Rain」などのヒットがありました。

♪「Touch In The Night」「Stop The Rain」「Moonlight Affair」のメガミックス

↑キーボードを担当しているのがAxel。

「Moonlight Affair」はCliff Turnerによりヒットしました。


ちょっと横道に逸れてしまいましたが、この「Moonlight Affair」は、BeNの超超超お気に入りの楽曲なんです。

「イノセント・ラブ」/サンドラ
2008年08月01日(金) 00:05
「イノセント・ラブ」は、サンドラのドイツで1986年にリリースされ最高11位のヒットとなったシングル。ヨーロッパ各国でもフランスで10位、イタリアで7位などの大ヒットとなりました。
なお、日本ではセカンド・シングルとして同年の暮れにリリースされました。

ドイツ盤シングル



ソロになってからのシングルのジャケットは本当にアーチストといった雰囲気。
そこにはもうアラベスク時代のサンドラではなく、ヨーロッパを席巻する一アーチストの貫禄すら感じられます。

楽曲は、「マリア・マグダレーナ」「ヒート・オブ・ザ・ナイト」を彷彿とさせるエレクトロニクス・ポップ。BeNのお気に入りでもあります。



う〜ん、名曲。何で日本ではまったくヒットしなかったんでしょうね。

「ヒート・オブ・ザ・ナイト」/サンドラ
2008年07月26日(土) 02:22
公式デビュー曲「マリア・マグダレーナ」が大ヒットしたサンドラは、同じタイプの「ヒート・オブ・ザ・ナイト」をリリース。こちらもヨーロッパで大ヒットしています。

ちなみに、日本ではこの曲がソロとしてファースト・シングル。しかし、残念ながらヨーロッパでの大成功を尻目に、日本では世界歌謡祭へのエントリーやテレビ出演もありましたがヒットには結びつきませんでした。

↓ドイツ盤



↓プロモーション・ビデオ


PVはどこかオリビア・ニュートン・ジョンの「フィジカル」を連想させます。感電しないかとヒヤヒヤさせられますね。


↓世界歌謡祭出演時映像



なお、サンドラのDVD『COMPLETE HISTORY』がいつの間にか、在庫ありの購入可能な状態となっています!アマゾンさん、いつの間にか入荷してくれていたようです。
前回、購入の機会を逃した方は、今のうちにお早めにお求めください。
「マリア・マグダレーナ」/サンドラ
2008年06月06日(金) 00:36
試験的にリリースされたシングル「Japan Ist Weit」の後、本格的ソロ活動を始め、公式なファースト・シングルが「マリア・マグダレーナ」(1985年リリース/日本では未シングル・カット)。
この曲はドイツをはじめ、オーストリア、スイス、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、イスラエルなどのチャート首位を獲得するなどヨーロッパで大ヒットなりました。

しかしこれは、アラベスク時代、日本でしかヒットのないアーチストという烙印をおされていたサンドラ(アラベスク)が、ヨーロッパのマドンナと呼ばれるくらい人気アーチストとなる物語の序章に過ぎなかったのです。



プロモ映像を見ても、アラベスク時代のアイドル的な要素は感じられず、もはやヨーロッパを代表するエレクトロニクス・ポップのアーチストといった感じです。
哀愁漂うジャケットも秀逸です。



サウンドはもちろんアラベスク時代から公私共に彼女を支えてきたマイケル・クレトゥ。彼のサウンド・センスが開花しています。

なお、この当時の12インチ・シングルはとても凝っていて、どの楽曲も7インチ・シングルとは少し異なるアレンジが施されています。

*5:20以降のところが7インチと異なる部分です





 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET