アラベスクやジンギスカンはもちろんのこと、その他、70年代後半のヨーロッパ産ディスコ、80年代前半のキャンディ・ポップなどをメインに紹介しています。
「This Is Our Night」/サキス・ルーヴァス
2010年09月08日(水) 00:39
2009年のユーロビジョン・ソング・コンテストでは、先のアレクサンダー・リバック君の圧勝でした。
個人的に、同コンテストで次にお気に入りだったのは、ギリシア代表のサキス・ルーヴァスによる「This Is Our Night」。ユーロビジョン本戦では、決勝出場25組中、7位という結果でした。
カッコよいダンス・ミュージックで何度聴いても飽きさせません。

サキス・ルーヴァスは本国ギリシアではかなり人気のアーチストで音楽以外でも幅広く活躍しているそうです。

ユーロビジョン本戦の様子。


1:00くらいから「そんなの関係ねぇ〜」風になります。
舞台装置には目を見張るような仕掛け(1:28から)が施されています。最初から全部見ることをオススメします。


プロモーション映像


近未来風な作品に仕上がっており、こちらもかっこいいです。


実は彼は、2004年にもエントリーしており、その際はラテン系ダンス・サウンドの「Shake It」という楽曲で堂々3位という成績を残しております。
2006年にユーロビジョンがギリシアで行われた際にはホストを務めておりました。



「Fairytale」 / Alexander Rybak ?
2010年09月03日(金) 23:52
まだ9月ですが、これはBeNの今年のNo.1ソングになることは間違いないでしょう。
昨年は、YouTubeでスーザン・ボイルの「夢やぶれて」を見て何度も涙しましたが、その比ではありません。(スーザン・ボイルはCDを買おうとも思わなかったし)
毎日毎日、一日に何度も何度も聴いています。

?モスクワのスケートリンクでのステージ


2014年、ロシアのソチで行われる冬季オリンピックを記念して行われたアイスショーのゲスト・パフォーマンス?
スケート・リンクにてロシア語で歌っています。
リンクでのパフォーマンスはあのアレクセイ・ヤグディン!


?2009年のノーベル賞授賞式でのゲスト・パフォーマンス


2009年にノルウェーで行われたノーベル賞のゲスト・パフォーマンスです。
楽曲も、オーケストラを従え、Frikarによるダンス・パフォーマンスもいつもより大人数、しかも大掛かりな仕掛けが施されています。

オリジナル・バージョンは3分ほどしかないのですが、これはオーケストラ・アレンジが素晴らしいロング・バージョン!
ぜひぜひCD化、そしてベスト・アルバムがリリースした際には収録して欲しいバージョンです。




彼のファースト・アルバム『FAIRYTALES』
「Fairytale」、セカンド・シングル「Funny Little World」、サード・シングル「Roll With The Wind」も収録しています。

「Fairytale」 / Alexander Rybak ?
2010年09月02日(木) 23:44
性懲りもなく、本日もAlexander Rybak君の「Fairytale」。

ユーロビジョンの楽曲にはいろいろな規定があるのですが、楽曲は3分以内とされています。
そのため、楽曲は「あっ」という間に終わってしまい、最後のバイオリンのリフレインなどはもっともっと聴きたい感じがします。

下記は、ユーロビジョンの予選でのもの。
ノルウェーのダンス・カンパニー「Frikar」のパフォーマンスも楽曲にマッチしており、爆転や宙に浮いた帽子を蹴飛ばすところとか、とてもかっこいいです。
またこの映像では仲睦まじく見つめあう恋人たちや、花火におどろく子どもなどの様子もフィーチャーされており、なかなか良い編集がされていると思います。



予選の様子なのですが、会場から割れんばかりの歓声と拍手。
既にグランプリを予感させています。




こちらはプロモーション映像



ここでも「Frikar」のパフォーマンスが見られますが、男性二人となっています。



ユーロビジョン2009年のオムニバスCD
(コンテスト参加の全42曲を収録!)

「Fairytale」 / Alexander Rybak ?
2010年09月01日(水) 23:15
昨年(2009年)のユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝曲は、ノルウェー代表のアレクサンダー・リバック君の「Fairytale」。



バイオリニストの父と、ピアニストの母とのあいだに生まれ、恵まれた才能を持ち、デビュー曲となる、この「Fairytale」で、ノルウェーの国内予選で優勝。
ユーロビジョン本戦でも2位以下を圧倒的に引き離す得点で見事グランプリを獲得しました。

?決勝でのステージ


素晴らしいパフォーマンスにBeNも何度も何度も見入ってしまい、その度に涙が出ました。


「Fairytale」 / Alexander Rybak

僕が今より若かった頃
一人の少女に恋をして
互いに恋に落ちた

僕はフェアリーテールに恋をする
どんなに傷ついても
頭がおかしくなっても構わない
もう君に夢中なのさ

僕らは毎日のようにけんかしたけど
毎夜、愛し合った
君は僕をこんなに悲しませるけど
こんなにもときめきをくれるんだ

自分が何をしてるかわからなくなって
僕らは突然、離ればなれになってしまった
今はもう君の姿はないけれど
もう一度やり直したいんだ

彼女はフェアリーテールさ
どんなに傷ついても
頭がおかしくなっても構わない
もう君に夢中なのさ


対訳:BeN


こんなに素晴らしい楽曲なのにこの「Fairytale」は日本未発表。
ユーロビジョンは日本では、(アバが世界的成功を収めるきっかけとなったコンテスト程度で、)知名度が低いことも影響しているのだと思いますが、この楽曲はヨーロッパやロシアでは大ヒットしました。




ユーロビジョン2009年のオムニバスCD
(コンテスト参加の全42曲を収録!)

『シングル・コレクション』、もうじきリリース!
2010年08月10日(火) 00:17
アラベスクの待望の『シングル・コレクション』がもうじきリリースされますね。
ジャケットもいよいよ公開されました。



当初の予定では、シングルのジャケットがブックレットとして掲載される予定でしたが、最新のインフォメーションでは、(ジャケ違い、プロモ盤を含む、)シングルのジャケットを再現した特製ジャケット・カードが24枚封入されるということです。

詳細はこちらをご覧ください。


それでは、本邦初CD化曲となる「あの愛をもう一度」をドーゾ

アラベスクのAB面コンプリート・シングル・コレクションがリリース!
2010年07月10日(土) 23:19
 来る8月25日、遂にアラベスクのAB面完全収録(全40曲)のコンプリート・シングル・コレクションがリリースとなります!
 本邦初CD化となる「あの愛をもう一度」も収録されます。


 詳細はHP内のこちら、アマゾンへの直リンはこちらをご覧ください。


「I Want You」/サンドラ
2010年05月17日(月) 00:54
マスさん、Caballeroさん、ミシェーラによるサンドラへのメッセージについてのコメントなどどうもありがとうございました。
コメントしようかとも思ったのですが、新たなトピックとしました。

先ず、wikiの英語版にあるように、サンドラはOlaf Mengesという男性と今年結婚したようですね。
このOlaf Mengesについて詳しいことは判っていませんが、昨年リリースしたアルバム『BACK TO LIFE』の収録曲「I Want You」でデュエットしています。
デュエットして仲良くなかったのか、ボーイフレンドだからデュエットしたのかはどっちなのでしょう。この男性はwikiにもセクションが設けられていないことからすると、あまり著名な方ではないようですね。

ロシアのテレビ番組にも結婚(披露宴?)の様子も収録していますが、同アルバム収録で、シングル・リリースもされた「The Night Is Still Young」でデュエットした、トーマス・アンダーズ(元モダン・トーキング)も駆けつけ祝福してくれています。


アラベスクの再結成についてはどうでしょう。ありえないとは思えますが、「あの人は今」風の番組で、一度だけの再結成とかなら「あり」かなぁとも思えますが。
当時のイメージというものがありますので、あまり劣化した彼女たちを見たくないというか・・・。
ジャスミンは10年くらい前に、実業家と結婚してエジプト在住と聞きました。財界のパーティに参加したような様子の写真をネットで見た覚えがあります。その後どうしているのでしょう。

ドイツのテレビ番組でより、むしろロシアのテレビ番組でのほうが(アラベスクもサンドラも両者とも人気があったので、)やりそうな企画です。

「I Want You」


珠玉のバラードです。
ミシェーラがテレビ番組を通じてサンドラにメッセージを送りました。
2010年05月13日(木) 01:06
「Arabesque & SANDRA in Hello Again」というロシアのテレビ番組を通して、ミシェーラがサンドラにビデオ・メッセージを送りました。下記はその時の模様です。トータル14分くらいあります。

これは5月初旬にロシアにて放送されたものですが、ロシア語で内容がまったく判りませんので、某ロシア人が英語に訳してくれたものをBeNがさらに日本語に訳してみました。下記の通り。


サンドラとミシェーラの二人は(アラベスクが解散した年にあたる)1984年以来、話しをしていません。
ロシアのテレビ番組のリポーターを通じて、ミシェーラはサンドラにメッセージを送りましたが、サンドラはそのメッセージを数回見た後、ミシェーラに対して不信感でいっぱいだったようです。

サンドラがアラベスクを脱退したいと言った時、ミシェーラはサンドラを思いとどまらせようと、「アラベスクを辞めるとあなたはただの人。きっとソロ活動は失敗するわ」と話したそうです。
このことは、サンドラの自信を打ち砕き、彼女の若さからもその後、ずっとミシェーラを受け入れることがなかなかできなかったようです。
サンドラは当時、プレス記事などにおいて「ミシェーラを絶対に許さない」などと発言していたそうです。

しかし、こうして現在の彼女らの姿を見ると、度々メイキャップルームでけんかをしたことのある、アバのフリーダとアグネタと比較して、(時が経ったことで)いくらかは良い関係を築けているようにも見えます。







BeNとしても、テレビ番組でのサンドラの表情を見ても、「わー、ミシェーラだわ。懐かしい!」といった様子はなく、どちらかと言うと冷ややかな目で見ているようなので、ロシア人のコメントは適切だと思います。
アラベスク解散後、ミシェーラの予想は見事に裏切られ、ヨーロッパの大スターとなったサンドラと、音楽活動にはことごとく失敗し、ヒーリングなどにより生計を立てていたミシェーラとはずいぶんと生き方に違いがあります。しかし、仲が悪くなければ、同じドイツ(後にサンドラはスペインに移住)で生活していたので、会おうと思えばいくらでも会う機会があったはずですし、わだかまりがあったのは間違いないと思います。

仲たがいをしてしまっていたというのは少し残念ですね。
『ファンシー・コンサート』のCDがリリース!
2010年04月20日(火) 23:56
なんと、アラベスクの日本でのライブの模様を収録したアルバム『ファンシー・コンサート』(1982年リリース)がヨーロッパにてCD化されます。
リリースは4月23日。発売元はこれまでアラベスクの楽曲のすべてをリリースしたり、未発表曲を発掘したモノポール・レコードです。



しかし、なぜこの時代にDVDでなくライブ盤CDなのかと思いますけど、DVDリリースには著作権などの影響により困難だったということなのでしょうか。それともDVD化するに値するほどの映像のクオリティがなかったのか。
とにかく、良い音質であることを望まんばかりです。

収録曲はアルバム・セクションに紹介している11曲すべてなのですが、今回ボーナス・トラックとして、オリジナル・メンバーのミシェーラを中心として再結成〜活動しているアラベスク・フィーチャリング・ミシェーラの新曲「スキヤキ・ソング」を収録しています。
*アラベスク・フィーチャリング・ミシェーラはこれまでにも、「哀愁のマリゴット」のリメイクをダウンロード・リリースしているようです。

この「スキヤキ・ソング」は故・坂本九による「上を向いて歩こう」で、当時全米No.1ヒットを記録した、海外では日本の楽曲としてスタンダードとして広くよく知られている楽曲でもあります。ここでは、アップテンポなダンス・サウンドとなっています。

既にダウンロード販売はされているようです。視聴もできますので興味のある方はぜひドーゾ。
モーラ ウィン

MUSICO


現在はドイツ・アマゾンなどヨーロッパでのショップでリリースを確認していますが、まだ日本でのショップのカタログには掲載しておりません。はっきりといつかは断言できませんが、少し遅れてリリースされるものと思います。

「Pan」/Costa Cordalis
2010年04月11日(日) 02:42
Costa Cordalisはドイツの人気アーチスト。
1980年のユーロビジョン・ソング・コンテスト国内大会に「Pan」でエントリー。好成績を収めましたが惜しくも優勝は出来ませんでした。
「Pan」はジンギスカンで御なじみのラルフ・ジーゼル作品で、パン・フルートの音が叙情的な素晴らしい楽曲です。
国内グランプリのカーチャ・エプシュタインの「シアター」は、ユーロビジョン本戦でも2位の好成績でしたが、BeNとしては「Pan」のほうが代表曲に相応しかったのではと思えてなりません。



静かな導入部分から始まり、倍速となる中盤、エンディングは「ハッチ大作戦」のようにドラマチックです。

ちなみに、パンとは、パンパイプ、パンフルートなどとも呼ばれ、葦の茎等を用い、一つのパイプで一つの音高が出せるようにして音階状に束ねた管楽器で、ギリシア神話のパーンに由来しているそうです。
映像での神様風のパンフルート奏者はそういった意味によるもののようですね。

ラルフ・ジーゼル作品集のオムニバスCD『So Viele Lieder Sind in Mir 』に収録されています。
このCDは、ジンギスカンのヒット曲5曲のほかにレックス・ギルドなどの人気アーチストやユーロビジョン参加曲など網羅されています。







 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET